軽貨物の営業免許(黒ナンバー)

軽貨物運送業の要件について

投稿日:

軽貨物運送業の要件

 

軽貨物運送事業の車両について

各営業所に配置する事業用自動車(バン・幌車・トラック等)の乗車定員、最大積載量及び構造等が
貨物軽自動車運送事業として適切であること。
また、ワンボックスタイプの軽乗用車については構造変更によって貨物車にすることが可能。
特殊用途車は車検証に積載量の記載があることが要件です。
営業活動及び運転者の管理を行う拠点のことです。自宅使用可能

軽貨物運送業の休憩睡眠施設

乗務員が有効に利用することができる適切な施設です。自宅使用可能乗務員の有効利用の適切性
原則として営業所に併設されていること。併設できない場合は、営業所からの距離が2キロメートルを超えないこと。計画する事業用自動車すべてを収容できるものであること。使用権原を有すること。
自らが使用権原を有する旨の宣誓書が添付されていること。都市計画法等関係法令(農地法、建築基準法等)に抵触しない旨の宣誓書の添付をすること。他の用途に使用される部分と明確に区分されていること。
営業所に併設又は2km以内で使用権限があること(自己所有地、1年以上の借入期間どちらでも可)1両当り8㎡以上

運送約款

荷主の正当な利益を害するおそれがないものであること。
□ 運賃及び料金の収受並びに貨物軽自動車運送事業者の責任に関する事項等が明確に定められているものであること。旅客の運送を行うことを想定したものでないこと。
□ 国土交通大臣が定めて公示した標準約款を使用する場合には、届出書の記載に当たってその旨を記載することにより、約款の添付は不要とする。
事業の適切な運営を確保するために運行管理等の管理体制を整えているものであること。

損害賠償能力

自賠責保険のほか、任意保険の締結など十分な損害賠償能力を有すること。

-軽貨物の営業免許(黒ナンバー)

Copyright© 神戸の運送業許可代行ならサクセスファン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.