名義変更と営業ナンバー取得

自動車のナンバープレートを封印して新しいナンバープレートを交付してもらう手順

投稿日:

自動車のナンバープレートを封印して新しいナンバープレートを交付してもらう手順

 

自動車のナンバープレートの封印とはどのようなものですか?

 

封印とは、ナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のもので、

取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められています。

 

自動車がナンバープレートを発行する運輸支局によって正式に登録され、しかるべき検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなります。

 

そのため運輸支局に対する登録手続きのない軽自動車のナンバープレートには封印がありません。

 

封印の目的はナンバープレートの取り外しを防止するとともに、車両の盗難犯罪を防ぐ重要な役割があります。

 

そのため、封印が外れていたり破損している場合は、取り締まりの対象になるので注意しましょう。

 

事故や修理、いたずらなどで壊れたり紛失したときには、登録を受けた運輸支局で再封印の手続きを行う必要があります。

 

現在のところ、封印はアルミ製。

 

東京なら「東」、大阪なら「大」といったように、封印の表面には地方運輸局に属する各運輸支局の刻印が入っています。

 

移転登録などの手続きに従ってナンバープレートを取り外すときは、運輸支局の敷地内に限り、所有者が自ら取り外すことができます。

 

ただし取り付けはできず、執行官が車検証と車台番号、ナンバープレートを照合したうえで、封印をします。

 

封印の流れ

 

車の後ろ側のナンバープレートを見てください。何か左側のネジにキャップ状のものがかぶせられていませんか?

 

この被せられているペットボトルのキャップのようなものが「ナンバープレートの封印」です。

 

車の登録地が神戸なら「神」、神奈川なら「神」など地域によって違う刻印がしてあります。

車が正式に登録され、しかるべき検査を受けてナンバープレートが発行されている証拠として陸運局によってとりつけられるものです。

封印は一度壊すと元に戻らないようにできています。

つまり封印が壊れている車は正式な手続きを踏まえていない違法な車だということが一目でわかるのです。

そうすることによって、ナンバープレートの盗難やひいては車両の盗難も防ぐためのものとなっている訳です。

盗難された車両は大抵の場合、ナンバープレートを交換するので封印がありません。

ですから一発でバレてしまうわけです。

また、陸運局に対する手続きの必要がない軽自動車には封印は必要ありません。

封印は法律によって義務付けられています。

道路運送車両法11条1項には以下のようにあります。

自動車の所有者は、前条の規定により自動車登録番号の通知を受けたときは、当該番号を記載した自動車登録番号標を国土交通大臣又は第二十五条の自動車登録番号標交付代行者から交付を受け、国土交通省令で定めるところによりこれを当該自動車に取り付けた上、国土交通大臣(政令で定める離島にあつては、国土交通大臣又は政令で定める市町村の長。以下この条において同じ。)又は第二十八条の三第一項の規定による委託を受けた者(以下この条において「封印取付受託者」という。)の行う封印の取付けを受けなければならない。

法律ですから何やら難しい言い方になっていますが、つまるところ車を持つにはきちんとしたところでナンバープレートをもらって封印してもらわなければならないということです。

きちんとしたところとは全国にある陸運支局や車検場のことです。

個人で勝手に封印を外したり取り付けたりすることは禁じられているのです。

もし個人で取り外しをして取り締まりを受けた場合、30万円以下の罰金刑に処せられるので注意しなければなりません。

封印が外れたり破損した状態の車は法律上不正な車なので、公道を走ると取り締まりの対象になります。

つまり、警察に止められて調べられる可能性があるので注意が必要です。

再封印してもらうには?

とは言っても、ちょっと何かにぶつかった拍子に破損してしまった、またはいたずらや劣化などでとれてしまう恐れもないとは言い切れません。

もし、何もしてないのに封印が壊れてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

その場合は最寄りの陸運局に届け出て、再封印の手続きをしてください。

手続きは印鑑不要で簡単な書類記入と車検証の一時提出だけで済みます。

料金もネジ代だけです。

地域によって差がありますがおおむね数十円レベルです。

ネジの損傷具合によってはそれすらも必要ない場合もあります。

手続きを済ませたあと、担当の人が車体番号を確認した後に再封印をして終了です。

封印の破損を放置して数十万の罰金刑を受ける可能性がある車でいつまでも走るより、簡単な手続きを済ませてから安心して公道を走るようにしたいですね。

またナンバープレートの移転登録のための交換などの際には陸運支局や車検場の敷地内においてのみ、自分で封印を外すことができます。

しかし、新しいナンバーを取り付けた後に再封印をするときは担当の方にやってもらわねばなりません。

ナンバープレートの封印は地味で普段からその存在を意識することはほとんど無いですが、私達の車が法律上は正式な車であり、なおかつ盗難から守ってくれる大事な部分なのです。

自動車整備の際に誤って壊してしまうことも多いようなので気をつけましょう。

 

-名義変更と営業ナンバー取得

Copyright© 神戸の運送業許可代行ならサクセスファン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.